<< 電力不足、ガス給湯に追い風 リンナイが最 | main | 製造業、軒並み赤字 超円高、商品力にも陰り >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.10 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    BLOOD THE LAST VAMPIRE』

    0
      先日我らがチョン・ジヒョンちゃんの 新作情報 としてそのタイトルが挙がった『BLOOD THE LAST VAMPIRE』というアニメを見てみました. 正直な感想はめちゃくちゃおもろい! 上映時間48分なんて短すぎる! 続編や長編リメイクがあれば必ず見たい! etc・・・でした. なんでも昨年までTBS系列で放送されていた『BLOOD+』はこの映画のTVシリーズ版だったらしいですね. あぁ~見とけばよかった~と今更ながら後悔するばかりです. 物語の舞台はベトナム戦争がまだ終わらない1966年の日本、米軍横田基地. その施設内にあるアメリカンスクールに小夜という、日本刀を片手にセーラー服を着た少女がやってきます. とある組織から送り込まれた彼女の目的は施設内にいる、人間に化けた異種ヴァンパイアを倒すこと・・・というものです. 48分という短い作品なのであちこち説明不足のまま終わってしまうというのは非常に残念ですが、作品独特の世界観が広まる一歩手前でうまいこと映画が終わるように出来ているので見終わったあとは「続編が早く見たい~! 」とか「長編版はないの? 」という感想を自然と持ってしまいますね. 特に舞台が米軍基地ということで、ジャパニメーションなのに字幕で見るシーンが多いのもとても新鮮です. もともとは押井守監督が主催する押井塾で実験的に作ってみようと企画が持ち上がったらしいのですが、これはアニメとしてだけでなく映画としても本当にクオリティーの高すぎる作品ですよ. 特にアニメとしてのクオリティーに言及するとこの作品は、昨今のジャパニメーションを代表する『時をかける少女』や『パプリカ』『APPLESEED』と比べても全く見劣りしません. 見劣りするどころか、こちらの方がすごいかも? と思わせるくらいです. ちなみにこの作品が日本公開されたのは2000年. 上記に挙げた3作品よりも古い映画なんですよ! ひょぇ~! 改めて『マトリックス』の基を作った押井守監督の嗅覚の凄さを実感せずにはいられない作品でしたね. 今や世界のアニメ及びCG映画は彼を抜きにして語れない、宮崎アニメだけで満足してちゃダメダメ! 押井守関連作品をもっと見なさい! と全世界に訴えかけたくなる、そんなスゲ~映画でした. 実写版が今からすごく楽しみでなりませんが、できるだけこの世界観を壊さないようにしてほしいですね. 別にR-15になっても構わないと私は思うので、実写化する際は徹底的にそのダークホラーな魅力を描いてほしいですよ. 深夜らじお@の映画館 は最近ジャパニメーションの魅力にハマってます.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.10 Thursday
        • -
        • 12:36
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << May 2018 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM